長町一丁目商店街  宮城・仙台・長町一丁目商店街・バリアフリー・みんなにやさしい街づくりをめざしています。

タウンモビリティ

タウンモビリティってなに?

タウンモビリティ

タウンモビリティとは、長時間の歩行に困難のある高齢者の方や障がい者の方に電動スクーター(免許証不要。歩行者と同じ扱い)や車いすを貸し出して、買い物や散策を楽しんでもらうシステムです。

1979年、イギリスのミルトンキーンズショップモビリティとして誕生し、草の根運動としてイギリス全土、約270の都市に普及しました。 日本では、広島、武蔵野市、柏市、青森市、仙台市、輪島市ほか石川県下6都市、堺市、長崎市、宮崎市等で『タウンモビリティ』としてイベントの実験が行なわれました。

『タウンモビリティ』とは、イギリスで生まれた『ショップモビリティ』を日本風にアレンジし、まち全体へと広げたシステムです。 長町1丁目商店街では、段差のない歩道の整備など、バリアフリーとしてハード面の整備とあわせて、タウンモビリティの推進を図っており、自宅に引きこもりがちな高齢者の方や、障がい者の方も、自由に、そして楽しくまちをたのしむことができ、商店街の新しい顧客として、まちの活性化と賑わいづくりを目指しています。

電動スクーター無料貸出

長町一丁目商店街振興組合では、「みんなにやさしい街づくり」への取組みとして、足が疲れやすくなったお年寄りや障がいをお持ちになった方々にも、ゆっくり街を楽しんでいただきたいという想いから、「電動スクーター」や「車椅子」の無料貸し出しを行なっています。
広瀬川沿いのぶらりお散歩、商店街でのお買い物、病院への通院など、自由にお使いいただけます。 ボランティアさんと一緒に、気軽に楽しく電動スクーターを利用してみませんか!

<< 電動スクーターってどんなもの? >>
電動スクーターの操作は簡単です!
運転免許証は必要有りません!道路交通法では歩行者として扱われます。
運転はとても簡単!レバーを「握る」と「走る」、「離す」と「止まる」。操作はこれだけです。自転車に乗れない方でも、少しの練習ですぐに乗れます。
歩行者として扱われるので、歩道を走ります。
スピードは、2キロ(ゆっくり歩く)から、6キロ(早足で歩く)までの3段階で、バックは最高2キロです。
より遠くに出かけられるので、行動範囲が広がり、より歩行の機会が増えます。また、外出する楽しみが増え、健康面や精神衛生上大いにプラスになります。
貸出日 月曜日~金曜日(祝日除く)
貸出し時間 AM10:00~PM16:00(1時間程度)
利用対象 どなたでもOK!
利用目的 お買い物、散歩等なんでもOK!
貸出場所 地域生活オウエン団せんだい(CILたすけっと)事務所前 ※事務所にこられない方には出前いたします。
電動スクーター 2台有り
車いす 1台有り
同行ボランティア ご要望ございましたら、ボランティアの同行も可能です。

お問い合わせ

< 運営主体 >

地域生活オウエン団せんだい
事務所:〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町1丁目6-1

TEL:022-248-6054
FAX:022-738-9501

< 事業主体 >

長町一丁目商店街振興組合

トップに戻る | 街かどトイレって何?

長町商店街について

長町一丁目商店街

長町一丁目商店街振興組合
事務局:
仙台市太白区長町一丁目3-35
TEL:022-249-7209
FAX:022-249-7207
メールでお問い合わせする

長町一丁目連合会


kensyo_s

画像クリックで拡大